8月の停電・断水について

 8月の停電・断水について、心理科学研究室関連の建物の実施日時は下記の通りです。
<< F号館 >>
停電:8/16(金) 9:00~17:00
断水:8/16(金)、8/17(土) 9:00~17:00
<< 第4別館・CAPS >>
停電:8/16(金) 9:00~17:00
断水:8/13(火) 9:00~16:00
   8/16(金)、8/17(土) 9:00~17:00
<< ハミル館 >>
停電:なし
断水:8/16(金)、8/17(土) 9:00~17:00
<< 文学部 >>
停電:8/16(金)、8/18(日) 9:00~17:00
断水:8/16(金)、8/17(土) 9:00~17:00
[PR]

# by cs-us | 2013-06-24 19:20 | 学科・専修からのお知らせ

PTSDとアニマルセラピー

標題の講演会が下記のように開催されるようです。詳細は「こちら」。
タイトル:「PTSDとアニマルセラピー~その可能性を探る」-アローン・ワッサーマン氏をお招きしてー
日時:2013年6月23日(日曜日)午後14:00~18:30  受付開始 13:30
場所:兵庫県民会館 福の間
主催:総合的セラピー研究会・ヒトと動物の関係学会・公益社団法人Knots
後援:外務省 イスラエル大使館 日本動物高度医療センター
協賛:ネスレ日本株式会社 ネスレ ピュリナ ペットケア
協力:兵庫教育大学
後援:外務省・イスラエル大使館・神戸市・兵庫県医師会・神戸市医師会・兵庫県獣医師会・日本動物高度医療センター

プログラム(予定)
13:30 開場 
14:00 開演・主催者挨拶
14:10 山口修喜(カウンセリングオフィス POMU 主宰)
 「性的虐待を過去に受けた男性とのアニマルセラピー」
14:55 休憩
15:00  アローン・ワッサーマン
 「自然災害の被災者トラウマ後の患者の、セラピー犬との絆によるリハビリプロセス」
16:30 休憩
16:40 海野千畝子(兵庫教育大学 准教授)
 「虐待を受けた子供へのドッグプログラム」
17:25 休憩
17:40 パネルディスカッション
司会:横山章光(帝京科学大学/精神科医)
パネリスト:アローン・ワッサーマン(通訳:津田望)・山口修喜・海野千畝子
18:30 終了
通訳:津田望(社会福祉法人のゆり会理事長:臨床言語士)
[PR]

# by cs-us | 2013-05-17 15:24 | 学外(関西圏)の講演会など

KGU文化心理学研究会

標題の研究会が下記のように開催されます。誰でも無料で参加できます(事前連絡不要)。

日時:2013年3月19日(火) 14:30~16:00
場所:F号館303教室
■発表者:
●話題提供:
・京都大学大学院教育学研究科 教育認知心理学講座 M2 矢野裕理
・京都大学大学院教育学研究科 教育認知心理学講座 D1 荻原祐二
・佐藤学園 講師(2013年度ランバス留学基金ミシガン大学)一言英文
・関西学院大学大学院 総合心理科学科 M2 一階こころ
●コメント:
・関西学院大学 文学部総合心理科学科 教授 松見淳子
■趣旨:
心理と文化の関係を研究する社会心理学は、過去20年以上に渡って欧米の
社会心理学の限界を指摘するアンチテーゼとして発展してきた。しかし近年は、
文化心理学者を中心に、東アジアに生きる人々の文化的心性に焦点を当てた研
究が増加している。特に、急速に国際化する現代の日本では、持続的な成長の
ために産・官・学さまざまな領域から実証的な知見に基づいた見解が求められ
ている。
本研究会では、このような時代的世界観を前提とし、心理と文化の関係を研
究する若手研究者を招いて日本的なものごとの捉え方や幸せ、国際化のうねり
から生じる若者の現代的なこころの問題について最新の知見を紹介し、議論す
ることを目的とする。また、これから心理と文化の研究を行う学生や、心理学
研究において文化的要因に関心が芽生えた大学院生に対して、ややもすると地
理的・空間的な違いに単純化されやすい文化の研究例を共有する場として開催
したい。
[PR]

# by cs-us | 2013-03-08 23:15 | 学内の講演会など

第18回CAPSインタラクション研究会

標題の研究会がCAPS(応用心理科学研究センター)主宰で開催されます。

日時:2013年3月11日(月) 15:00-17:00(終了時間は目安です)
場所:F号館402教室
講演者:木田哲夫先生(早稲田大学高等研究所)
タイトル:「脳波と脳磁図を用いた注意の神経機構の検証
[PR]

# by cs-us | 2013-03-06 00:59 | 特別事業

第18回CAPSインタラクション研究会

標題の研究会がCAPS(応用心理科学研究センター)主宰で開催されます。

日時:2013年3月11日(月) 15:00-17:00(終了時間は目安です)
場所:F号館402教室
講演者:木田哲夫先生(早稲田大学高等研究所)
タイトル:「脳波と脳磁図を用いた注意の神経機構の検証
[PR]

# by cs-us | 2013-03-06 00:59 | 特別事業

大学院奨励研究員の公開研究発表会

大学院奨励研究員の公開研究発表会を下記のように行います。どなたでも聴講可能です。

日 時:2013年3月4日(月)10:00~12:10
場 所:F号館303教室
10:00-11:00 堀麻佑子
 「ヒトはなぜ選択を好むのか?―自由選択場面への選好を中心に―」
11:10-12:10 杉本史惠
 「処理資源としての注意容量の評価―事象関連脳電位を指標として―」
[PR]

# by cs-us | 2013-02-27 18:33 | 学科・専修からのお知らせ

2012年度戦略プロジェクト報告会とCAPSシンポジウム

2012年度戦略プロジェクト報告会と、CAPSシンポジウム『現場へのインタラクション研究の応用』が下記のように開催されます。参加費無料でどなたでも参加できます(事前連絡不要です)。
日時:2013年3月8日(金)13:00~16:10
場所:F号館102教室
スケジュール
13:00~14:30 2012年度戦略プロジェクト報告会
  はじめに(戦略プロジェクト現状報告)
  研究成果報告
  木村健太(PD)・井上和哉(PD)・村山 綾(PD)・田渕 恵(PD)・高岡しの(RA)
[休憩]
14:40~16:10 CAPSシンポジウム『現場へのインタラクション研究の応用』
  研究報告(桂田恵美子・小野久江・大竹恵子)
[PR]

# by cs-us | 2013-02-20 23:46 | 特別事業

第18回人間行動分析研究会

第18回人間行動分析研究会が下記のように開催されます。参加費無料でだれでも参加できます(事前連絡不要)。くわしくは[こちら]

日時:2013年3月2日(土) 13時40分~17時10分
場所:関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)10階1001教室
司会:大河内浩人(大阪教育大学)
講演:
 13:40 - 14:30 松田有香(大阪教育大学)
  「他者のルールが行動に及ぼす影響」
 14:30 - 15:20 渡辺創太(大阪教育大学・日本学術振興会)
  「ハトとヒトの相対優位性」
 15:20 - 15:30 休憩
 15:30 - 16:20 丹野貴行(関西学院大学・日本学術振興会)
  「d-amphetamineとmethylphenidateによる遅延割引関数の変化:遅延耐性か固執性か?」
 16:20 - 17:10 中島定彦(関西学院大学)
  「損失最小化ゲームにおける集団マッチング」
[PR]

# by cs-us | 2013-02-20 21:49 | 学外(関西圏)の講演会など

博士論文公開発表会

博士論文公開発表会を下記のように行います。どなたでも聴講可能です。

日 時:2013年2月9日(土)10:30~11:30
場 所:F号館103教室
発表者:沖中武
論 文:交通問題に対する応用行動分析学に基づくアプローチ
[PR]

# by cs-us | 2013-01-30 10:06 | 学科・専修からのお知らせ

修士論文発表会

大学院心理科学領域の2012年度修士論文発表会が下記のように開催されます。学部学生、心理学研究室以外の方も聴講できます。一部だけの聴講も可です。

日時: 2013年1月29日 (火) 10:00 - 15:50
場所: F号館地下ホール

10:00 - 10:20 松見ゼミ 庭山和貴
特別支援学級に在籍する児童の仲間との交流場面における行動観察と支援―介入効果の交流及び共同学習場面への般化の検討―
10:20 - 10:40 米山ゼミ 大江佐知子
発達障害児における対人相互交渉を促進する言語行動への行動分析学的アプローチ
10:40 - 11:00 米山ゼミ 小畑明日香
発達障害児における表情および対応推測課題―条件性弁別パラダイムを用いて―
<10分休憩>
11:10 - 11:30 中島ゼミ 森田詩織
動物のエサやりに関する心理学的研究
11:30 - 11:50 片山ゼミ 木村司
視覚刺激による体性感覚の変調: 体性感覚誘発電位を指標として
11:50 - 12:10 成田ゼミ 佐伯昌洋
大学移行期における自己調整学習方略と大学学習適応の関連―面接調査および縦断調査による探索的検討―
<60分昼休憩>
13:10 - 13:30 中島ゼミ 遠座奈々子
味覚嫌悪学習事態における拮抗条件づけの検討―系統的脱感作法における不安拮抗反応の必要性―
13:30 - 13:50 松見ゼミ 丹伊田英宜
日常生活状況におけるユーモア志向と笑い―日記式DRM調査を用いて―
<10分休憩>
14:00 - 14:20 小野ゼミ 辻本江美
若年者の自殺観・自殺関連行動とストレス対処法の関係
14:20 - 14:40 松見ゼミ 辻本友紀子
公立中学2年生を対象としたon-task行動およびoff-task行動のアセスメント
14:40 - 15:00 小野ゼミ 竹谷怜子
SF-36を用いた教員のQOLの探索的検討
<10分休憩>
15:10 - 15:30 松見ゼミ 一階こころ
国際教育を受ける生徒の多文化的自己観と文化的知性(CQ)に関する心理学的研究
15:30 - 15:50 松見ゼミ 黒川陽子
小学校の鉛筆の持ち方行動アセスメントおよび応用行動分析に基づく学級単位の指導訓練パッケージの効果
[PR]

# by cs-us | 2013-01-27 10:53 | 学科・専修からのお知らせ

入試期間中の研究室使用について

入学試験実施のため、下記の期間、心理科学研究室への出入りが制限されます。

2013年1月30日~2月7日

●文学部本館:入館できません。
●第4別館:通常通り入館可能です。→学部学生・大学院生(注)とも入館できません。
●F号館:学部学生・大学院生(注)とも入館できません。
●CAPS:学部学生・大学院生(注)とも入館できません。
●ハミル館:休日と同じ扱いになります(学部学生は教員・大学院生・研究員の付き添いがあれば、使用できます)。

注:大学院生は、総合心理科学大学院生メーリングリスト(integ)の情報も参照してください。
[PR]

# by cs-us | 2013-01-16 15:34 | 学科・専修からのお知らせ

卒論発表会

1月からゼミごとに卒論発表会が開催されます(開催しないゼミもあります)。
日時やゼミ生以外の参加の可否など、学科のサイトの左上にある、[心理科学研究室の皆さんへ]をクリックして確認してください。
[PR]

# by cs-us | 2013-01-01 04:14 | 学科・専修からのお知らせ

冬季休暇中の研究室の使用に関して

下記の期間は冬季休暇中につき、学部生は総合心理科学科の施設(F号館・ハミル館・CAPS・文学部本館2階・第4別館)を使用できません。やむを得ず使用しなければならない人は、必ず指導教員まで申し出て許可を得て下さい(許可があっても学部生単独での入館はできません)。大学院生はメーリングリストにて連絡した注意点を守ること。

12月22日(土)午後~1月6日(日)
※文学部本館2階・第4別館については12月22日(土)の午前も開室しません。
[PR]

# by cs-us | 2012-12-19 19:17 | 学科・専修からのお知らせ

大学祭期間中の心理科学研究室の開室時間

大学祭期間中の心理科学研究室の開室時間は以下の通りです。

<F号館(1階図書室含む)・ハミル館>
 11月1日(木) 11:10~18:20
 11月2日(金) 11:10~18:20
 11月3日(土) 閉館…祝日につき学部生は入館できません
 11月4日(日) 閉館…日曜につき学部生は入館できません
 11月5日(月) 9:00~18:20(通常通り)

なお、上記開室時間帯でF号館の心理科学研究室側の1階扉が施錠されている場合には、学部生は院生に地下出入り口を開けてもらい入館してください。
ハミル館は通常通り。

F号館やハミル館に卒論のための研究で入館が必要な場合は、所定の手続きを踏むこと。
[PR]

# by cs-us | 2012-10-23 16:27 | 学科・専修からのお知らせ

第14回CAPSインタラクション研究会「幸福な社会とは」

第14回CAPS(応用心理科学研究センター)インタラクション研究会が下記のように開催されます。

日時:2012年11月1日(木) 15:00-17:00
場所:図書館ホール
講演者:大石繁宏先生(ヴァージニア大学)
タイトル: 幸福な社会とは

詳細は[こちら]。参加に際し、文学部・総合心理科学科、文学研究科・総合心理科学専攻の人は事前連絡の必要ありません。それ以外の方は、上記[こちら]を参照。
[PR]

# by cs-us | 2012-10-01 17:38 | 特別事業

国際化社会に貢献する心理科学実践家へのファースト・ステップ

下記のように大学院生による自主企画のワークショップが開催されます。無料、事前申し込み不要、途中入退場可でだれでも参加できます。

日時:2012年9月29日(土) 13:30~15:00ごろ
場所:F号館地下ホール
タイトル:国際化社会に貢献する心理科学実践家へのファースト・ステップ
      ―これから国際学会で発表する大学院生のために―
《概要》
 関西学院大学には「世界市民の育成」という伝統と使命があります。社会のグローバル化が唱えられて久しい現在,大学院生にも国際的な研究・実践活動というハイレベルな能力が求められています。
 学問の国際的舞台は,その歴史と中枢を担うヨーロッパやアメリカだけではありません。真の意味での国際化は,まず私たちの隣国との関係から始まるといえるでしょう。アジアを拠点とする国際学会は日本人にとってそれほど敷居の高いものではなく,大学院生が海外での研究発表を初めて経験する場として取り組みやすいものです。また日本人心理学者がアジア圏の諸外国において組織的な研究・調査活動に従事したり,アカデミック・ポストに就職したりする可能性は今後ますます広がっていくと考えられます。
 本ワークショップでは,韓国における国際学会への参加・発表の経験,共同調査を実施した経験,について話題を提供いたします。そして学会・研究・就職・留学など様々な形で,アジア圏において日本人心理学者が活躍できる余地と可能性について討論を行います。
《話題提供》
箕浦有希久 (関西学院大学大学院 成田ゼミD2)
  After-the-fact Report: 第4回アジア犯罪学学会・2012年度韓国心理学会
木戸盛年 (神戸学院大学 実習助手)
  日本で研究することとアジアの日本で研究すること
《指定討論》
一言英文 (佐藤学園 講師)
[PR]

# by cs-us | 2012-09-21 00:29 | 特別事業

関西学院大学心理学研究室80年史

c0032903_20165696.jpg
『関西学院大学心理学研究室80年史(1923〜2003)─今田恵の定礎に立って─』が関西学院大学出版会から刊行されました(2012年9月刊、税込4200円)。目次などくわしくは[こちら]を参照してください。
[PR]

# by cs-us | 2012-09-17 20:17 | 学科・専修からのお知らせ

専門家-非専門家による評議コミュニケーションについて

第394回関西社会心理学研究会(KSP)が下記のように関学キャンパスで開催されます。事前申し込み、参加費不要で、だれでも参加できます。なお、研究会後の懇親会(有料)にも参加希望の人は事前申し込みが必要です。くわしくは[こちら]。

日時:2012年10月13日(土) 14:30~17:00
場所:F号館 2階 201号教室
発表題目:専門家-非専門家による評議コミュニケーションについて
発表者:村山綾(関西学院大学大学院文学研究科・応用心理科学研究センター)
発表概要:2009年5月21日に施行された裁判員制度による裁判では、一般市民(非専門家)が裁判官(専門家)とともに評議を行い、有罪・無罪判断および量刑の判断を行います。施行から3年が経過し、制度の見直しも行われていますが、評議内容の公開の禁止、裁判員の守秘義務などから具体的な問題点の把握が困難であるために、実証的検討の進展は遅れていると言わざるを得ません。今回の発表では、前年度に行った専門家-非専門家による評議コミュニケーション実験で得られた結果の報告を通して、社会心理学的な観点から裁判員制度のような評議に対してどういった提言を行っていけるのかについて、皆様とともに議論させていただきたいと思っています。また、裁判員裁判の評議のみならず、専門家と非専門家の円滑な情報交換を促進する要因等についても議論させていただけますと幸いです。
[PR]

# by cs-us | 2012-09-12 10:28 | 学外(関西圏)の講演会など

三浦ゼミの卒論中間発表会

 三浦ゼミの卒論中間発表会が下記のように開催されます。「学科全体に公開」です。事前申し込みは不要です。なお、中間発表会はこれに先立って午前から開催(発表6件)されますが、午前の部は関係者と大学院生以上のみ参加可能です。

日時:2012年9月4日(火) 13:00~17:10
場所:F201教室
13:00-13:30 亀井美緒 母娘関係の依存度における相互認知(事前録画)
        福島紀子 関係維持動機は友人に合わせる行動にどのように関係するのか(事前録画)
13:30-13:50 松田恭輔 大学生のアサーションが現在と未来の他者配慮行動に及ぼす影響
13:50-14:10 西森絵美 阪神甲子園球場における野球の試合展開とビール売り上げの関連

14:10-14:30 岡本千賀与 流行の採択速度に関わる個人的特性及びメディアの影響
14:30-14:50 中島彩愛 友人関係の長さと携帯メールの顔文字の有無が不安感に及ぼす影響
14:50-15:10 雪吹真由美 Facebookにおける自己開示とWell-Beingの関連

15:20-15:40 宮本香織 携帯メールの利用が孤独感に与える影響
15:40-16:00 三木彩加 大学生の友人関係の悩みと、自己愛人格・友人への要求・友人獲得との関連
16:00-16:20 吉田有沙 社会的比較志向性と自己意識および自己価値との関連

16:30-16:50 阪口由佳 過去の恋人との別れと現在の恋人への依存度の関係性
16:50-17:10 黒山真衣 男性性、女性性が異性間の友情に対する考えに及ぼす影響
[PR]

# by cs-us | 2012-08-28 11:40 | 学科・専修からのお知らせ

心理学における動物実験の実際

日本心理学会の公開シンポジウムが下記のように開催されます。無料ですが、事前申込制です(先着450名)。詳しくは「こちら」。

テーマ:心理学における動物実験の実際―動物実験の供覧,ビデオ鑑賞,実験シミュレーションを含む―
日時:2012年9月23日(日) 13:00―17:00(12:00開場)
場所:兵庫医療大学 P棟 オクタホール(地図
講演者と講演タイトル:
 磯博行(兵庫医療大学) 「今,心理学にとってなぜ動物実験が必要なのか?」
 畑 敏道(同志社大学)「心は脳にある。時間評価の行動科学と行動神経科学」
 土江 伸誉((株)行医研)「動物だって心の病になる。マウスの行動病理モデル」
 吉野 俊彦(神戸親和女子大学)「行動を変えよう。行動変容の基礎としての実験的行動分析」
[PR]

# by cs-us | 2012-08-16 21:48 | 学外(関西圏)の講演会など

夏季休暇中の第4別館2階および文学部2階の使用に関して

8月の第4別館の開室時間は下記の通りとします(予定)。

7:30~17:30:8月2日,3日
7:30~18:00:8月1日,8日,22~24日
7:30~20:00:8月6日~10日,27日~31日

9月からの開館時間は未定です。
また、8月11日~9月14日(延長可能性あり)まで、第4別館のエレベーターが使用不可となります。

【実習準備室開室時間】
平日10:30~15:30
【実習準備室閉室日】
土曜・日曜・祝日、盛夏休暇中(8月13日~21日)
【断水・停電日】
停電日:8月16日
断水日:8月13日,16日,17日
※計画停電実施時には水の供給もできなくなります。作業日にはできるだけ使用は控えてください。

なお、文学部2階の心理科学科関連施設は夏季休暇中に耐震工事が入るため、閉室とします。

F号館、ハミル館、CAPSについては先の案内を参照して下さい。
[PR]

# by cs-us | 2012-07-25 18:38 | 学科・専修からのお知らせ

夏季休暇中のF号館・ハミル館・CAPSの使用に関して

夏期休暇(8月6日~9月19日)中の研究室使用は下記の通りとします。時間外および使用不可日には、学部生は入館できません。やむを得ない事情で使用する場合は必ずゼミ担当教員の許可を取って下さい。心理科学研究室内の掲示板も参照して下さい。大学院生はメーリングリストの情報も参照して下さい。

<開室時間>
 F号館(図書室を含む):平日9:30-17:30、土曜9:30-12:00
 ハミル館:平日9:00-16:00、土曜9:00-12:00
 CAPS:平日9:30-17:30、土曜9:30-12:00

<使用不可日>下記の日は学部学生は原則として全ての学内建物に入館できません。
 8月中の土曜日、9月1日、8日(一斉土休)
 日曜・祝日、盛夏休暇中(8月13日~21日)

<停電・断水>停電・断水中は、大学院生もできるだけ入室を控えて下さい。
 F号館:停電8月16日、断水8月16日~17日
 ハミル館:停電・断水なし
 CAPS:停電8月16日、断水8月16日~17日
 ※計画停電が実施された場合には水の供給ができなくなります。

<消防設備・非常放送定期点検(9:00-17:00)>音が出ます。実験予定に気をつけて下さい。
 F号館:8月20~21日
 ハミル館:8月7日, 24日
 CAPS:8月6日, 29日

<空調機器点検(9:30-17:00>
 CAPS:8月11日

<ワックスがけ(7:30-13:00)>
 F号館地下:8月29日
 ※カーペット張りの実験室以外全て
 作業終了まで地下出入口は通行できません。

なお、8月4~5日(土日)はオープンキャンパスのため、F号館地下ホールやCAPSは高校生・受験生であふれますので、その周囲での実験や作業は原則としてできません。
[PR]

# by cs-us | 2012-07-25 18:19 | 学科・専修からのお知らせ

第12回CAPSインタラクション研究会「顔・表情の物理的属性と心理的評価の関係」

第12回CAPS(応用心理科学研究センター)インタラクション研究会が下記のように開催されます。

日時:7月30日(月) 13:30 – 15:30(終了時間は目安です)
場所:F号館401教室
ゲスト: 渡邊伸行 先生(金沢工業大学)
タイトル: 顔・表情の物理的属性と心理的評価の関係

詳細は[こちら]。参加に際し、文学部・総合心理科学科、文学研究科・総合心理科学専攻の人は事前連絡の必要ありません。それ以外の方は、上記[こちら]を参照。
[PR]

# by cs-us | 2012-07-18 09:40 | 特別事業

博士論文公開発表会「手術後の肺がん患者に対する日常身体活動量の回復プログラムがQOLに及ぼす効果」

博士論文公開発表会を下記のように行います。だれでも聴講可能です。

日時:2012年8月2(木) 13:30-14:30
場所:F号館303号教室
題目:「手術後の肺がん患者に対する日常身体活動量の回復プログラムがQOLに及ぼす効果」
発表者: 伊藤 直(松見ゼミ)
[PR]

# by cs-us | 2012-07-13 01:17 | 学科・専修からのお知らせ

本日2時限目より休講

関西学院大学サイトからの情報を転載します。

 本日(6月19日)、台風の影響で、本学の定める兵庫県の指定地域に暴風警報が発令されています(午前9時44分現在)。ついては、「大学学部(大学院)の授業・試験実施に関する警報発令及び交通機関ストライキの場合等の取扱要領」(「履修・学習要覧Webサイト」参照)に基づき、本日(6月19日)の授業は第2時限から休講とします。
[PR]

# by cs-us | 2012-06-19 10:08 | 学科・専修からのお知らせ