心理科学研究室の各種通知です。文学部からの通知は学部掲示板を見て下さい。(管理担当者:中島定彦)


by cs-us
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:学外(関西圏)の講演会など( 210 )

PTSDとアニマルセラピー

標題の講演会が下記のように開催されるようです。詳細は「こちら」。
タイトル:「PTSDとアニマルセラピー~その可能性を探る」-アローン・ワッサーマン氏をお招きしてー
日時:2013年6月23日(日曜日)午後14:00~18:30  受付開始 13:30
場所:兵庫県民会館 福の間
主催:総合的セラピー研究会・ヒトと動物の関係学会・公益社団法人Knots
後援:外務省 イスラエル大使館 日本動物高度医療センター
協賛:ネスレ日本株式会社 ネスレ ピュリナ ペットケア
協力:兵庫教育大学
後援:外務省・イスラエル大使館・神戸市・兵庫県医師会・神戸市医師会・兵庫県獣医師会・日本動物高度医療センター

プログラム(予定)
13:30 開場 
14:00 開演・主催者挨拶
14:10 山口修喜(カウンセリングオフィス POMU 主宰)
 「性的虐待を過去に受けた男性とのアニマルセラピー」
14:55 休憩
15:00  アローン・ワッサーマン
 「自然災害の被災者トラウマ後の患者の、セラピー犬との絆によるリハビリプロセス」
16:30 休憩
16:40 海野千畝子(兵庫教育大学 准教授)
 「虐待を受けた子供へのドッグプログラム」
17:25 休憩
17:40 パネルディスカッション
司会:横山章光(帝京科学大学/精神科医)
パネリスト:アローン・ワッサーマン(通訳:津田望)・山口修喜・海野千畝子
18:30 終了
通訳:津田望(社会福祉法人のゆり会理事長:臨床言語士)
[PR]
by cs-us | 2013-05-17 15:24 | 学外(関西圏)の講演会など
第18回人間行動分析研究会が下記のように開催されます。参加費無料でだれでも参加できます(事前連絡不要)。くわしくは[こちら]

日時:2013年3月2日(土) 13時40分~17時10分
場所:関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)10階1001教室
司会:大河内浩人(大阪教育大学)
講演:
 13:40 - 14:30 松田有香(大阪教育大学)
  「他者のルールが行動に及ぼす影響」
 14:30 - 15:20 渡辺創太(大阪教育大学・日本学術振興会)
  「ハトとヒトの相対優位性」
 15:20 - 15:30 休憩
 15:30 - 16:20 丹野貴行(関西学院大学・日本学術振興会)
  「d-amphetamineとmethylphenidateによる遅延割引関数の変化:遅延耐性か固執性か?」
 16:20 - 17:10 中島定彦(関西学院大学)
  「損失最小化ゲームにおける集団マッチング」
[PR]
by cs-us | 2013-02-20 21:49 | 学外(関西圏)の講演会など
第394回関西社会心理学研究会(KSP)が下記のように関学キャンパスで開催されます。事前申し込み、参加費不要で、だれでも参加できます。なお、研究会後の懇親会(有料)にも参加希望の人は事前申し込みが必要です。くわしくは[こちら]。

日時:2012年10月13日(土) 14:30~17:00
場所:F号館 2階 201号教室
発表題目:専門家-非専門家による評議コミュニケーションについて
発表者:村山綾(関西学院大学大学院文学研究科・応用心理科学研究センター)
発表概要:2009年5月21日に施行された裁判員制度による裁判では、一般市民(非専門家)が裁判官(専門家)とともに評議を行い、有罪・無罪判断および量刑の判断を行います。施行から3年が経過し、制度の見直しも行われていますが、評議内容の公開の禁止、裁判員の守秘義務などから具体的な問題点の把握が困難であるために、実証的検討の進展は遅れていると言わざるを得ません。今回の発表では、前年度に行った専門家-非専門家による評議コミュニケーション実験で得られた結果の報告を通して、社会心理学的な観点から裁判員制度のような評議に対してどういった提言を行っていけるのかについて、皆様とともに議論させていただきたいと思っています。また、裁判員裁判の評議のみならず、専門家と非専門家の円滑な情報交換を促進する要因等についても議論させていただけますと幸いです。
[PR]
by cs-us | 2012-09-12 10:28 | 学外(関西圏)の講演会など
日本心理学会の公開シンポジウムが下記のように開催されます。無料ですが、事前申込制です(先着450名)。詳しくは「こちら」。

テーマ:心理学における動物実験の実際―動物実験の供覧,ビデオ鑑賞,実験シミュレーションを含む―
日時:2012年9月23日(日) 13:00―17:00(12:00開場)
場所:兵庫医療大学 P棟 オクタホール(地図
講演者と講演タイトル:
 磯博行(兵庫医療大学) 「今,心理学にとってなぜ動物実験が必要なのか?」
 畑 敏道(同志社大学)「心は脳にある。時間評価の行動科学と行動神経科学」
 土江 伸誉((株)行医研)「動物だって心の病になる。マウスの行動病理モデル」
 吉野 俊彦(神戸親和女子大学)「行動を変えよう。行動変容の基礎としての実験的行動分析」
[PR]
by cs-us | 2012-08-16 21:48 | 学外(関西圏)の講演会など
標題のシンポジウムが(社)日本心理学会の主催で下記のように開催されます。だれでも無料で聴講できます(先着360名)。詳しくは「こちら」。

日時:2012年6月9日(土) 14:00-16:30
会場:京都教育文化センター2Fホール
講演者:
仲 真紀子(北海道大学)「司法面接の実践と問題」
小泉 令三(福岡教育大学)「加害防止のための対人関係能力育成プログラム」
越智 啓太(法政大学)「心理学を使って犯罪を捜査する」
[PR]
by cs-us | 2012-05-28 22:28 | 学外(関西圏)の講演会など
日本心理学会公開シンポジウム「なつかしさの心理学:思い出と感情」(京都会場、入場無料)が下記のように開催されます。先着289名で、事前申込が必要です。詳しくは「こちら」。

日時:2011年10月22日(土) 13時30分―16時30分
会場:キャンパスプラザ京都5階・第1講義室
講演内容:
 消費者行動研究からみたノスタルジア(牧野圭子 成城大学)
 人はなぜなつかしさを感じるのか(川口潤 名古屋大学)
 なつかしくならない記憶と司法面接(仲真紀子 北海道大学)

  
[PR]
by cs-us | 2011-09-01 11:39 | 学外(関西圏)の講演会など
日本感情心理学会(第19 回大会)と日本パーソナリティ心理学会(第20 回大会)の合同大会が下記のように開催されます。詳しくは「こちら」。

会期:2011年9月2日(金)~4日(日)
会場:京都光華女子大学
非会員当日参加費:一般9,000円、院生7,000円、学部学生6,000円
[PR]
by cs-us | 2011-09-01 11:34 | 学外(関西圏)の講演会など
標題のシンポジウムが下記のように開催されるようです。予約不要で誰でも無料で聴講できます。詳しくは「こちら」。

日時:2011年6月18日(土)13時~17時
会場:関西大学千里山キャンパス第3学舎 ソシオAV大ホール(D101教室)
テーマ:消費の病理:逸脱的消費者行動の現状に迫る
話題提供者
 廣中直行(NTTコミュニケーション科学基礎研究所人間情報研究部研究員)
 神村栄一(新潟大学人文社会・教育科学系准教授)
 池内裕美(関西大学社会学部教授)
指定討論者:
 秋山 学(神戸学院大学人文学部教授)
司会
 唐沢 穣(名古屋大学大学院環境学研究科心理学講座教授)
企画:唐沢穣・池内裕美
[PR]
by cs-us | 2011-05-13 21:58 | 学外(関西圏)の講演会など

『自己』の起源

 標題のシンポジウムが、日本動物心理学会第154回例会として下記のように開催されます。
参加費無料、だれでも事前登録なしで参加できます。関学心理からも陳さんが発表します。
当日は大学院修了式のため関学教員・院生の参加は難しいですが、学部生で関心のある人はぜひ聴講に出かけて下さい。くわしくは「こちら」。

テーマ:『自己』の起源
日時:2011年3月16日(水)15:00-17:30
場所:京都大学 本部キャンパス内 文学部新館 第6講義室
講演者
 兼子 峰明(京都大学霊長類研究所)
 「チンパンジーとヒトにおける自己の随意運動の知覚:
   視覚-運動随伴性の変化に対する視線行動と上肢運動の調節」
 陳 香純(関西学院大学文学研究科)
 「鯨類における自己鏡映像認知について」
 矢追 健(京都大学文学研究科)
 「自己参照プロセスに関わる脳内神経基盤―fMRIによる検討」
指定討論者
 森阪 匡通(京都大学野生動物研究センター)
[PR]
by cs-us | 2011-03-03 13:55 | 学外(関西圏)の講演会など
 標題の研究会が下記のように開催されるようです。事前申込不要、参加費無料、誰でも参加できます。なお、研究会後の懇親会(実費)にも参加する人は3月15日(水)までに、世話人の佐伯大輔先生(大阪市立大学)に直接メールで連絡して下さい(分からない人は中島に連絡して下さい)。

日時:2011年3月25日(金) 14:20~17:00
場所:大阪市立大学学術情報総合センター1階 文化交流室
司会:伊藤正人(大阪市立大学)
講演:
14:20-15:10 松田有香(大阪教育大学) 他者のルールが行動に及ぼす影響について
15:10-16:00 北野翔子(大阪市立大学) 衝動性、利己性、協力行動
16:00-16:10 休憩
16:10-17:00 空間美智子(大阪市立大学) 報酬の価値割引から見た自己制御の発達的研究
[PR]
by cs-us | 2011-02-27 14:55 | 学外(関西圏)の講演会など