心理科学研究室の各種通知です。文学部からの通知は学部掲示板を見て下さい。(管理担当者:中島定彦)


by cs-us
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:特別事業( 57 )

標題の研究会がCAPS(応用心理科学研究センター)主宰で開催されます。

日時:2013年3月11日(月) 15:00-17:00(終了時間は目安です)
場所:F号館402教室
講演者:木田哲夫先生(早稲田大学高等研究所)
タイトル:「脳波と脳磁図を用いた注意の神経機構の検証
[PR]
by cs-us | 2013-03-06 00:59 | 特別事業
標題の研究会がCAPS(応用心理科学研究センター)主宰で開催されます。

日時:2013年3月11日(月) 15:00-17:00(終了時間は目安です)
場所:F号館402教室
講演者:木田哲夫先生(早稲田大学高等研究所)
タイトル:「脳波と脳磁図を用いた注意の神経機構の検証
[PR]
by cs-us | 2013-03-06 00:59 | 特別事業
2012年度戦略プロジェクト報告会と、CAPSシンポジウム『現場へのインタラクション研究の応用』が下記のように開催されます。参加費無料でどなたでも参加できます(事前連絡不要です)。
日時:2013年3月8日(金)13:00~16:10
場所:F号館102教室
スケジュール
13:00~14:30 2012年度戦略プロジェクト報告会
  はじめに(戦略プロジェクト現状報告)
  研究成果報告
  木村健太(PD)・井上和哉(PD)・村山 綾(PD)・田渕 恵(PD)・高岡しの(RA)
[休憩]
14:40~16:10 CAPSシンポジウム『現場へのインタラクション研究の応用』
  研究報告(桂田恵美子・小野久江・大竹恵子)
[PR]
by cs-us | 2013-02-20 23:46 | 特別事業
第14回CAPS(応用心理科学研究センター)インタラクション研究会が下記のように開催されます。

日時:2012年11月1日(木) 15:00-17:00
場所:図書館ホール
講演者:大石繁宏先生(ヴァージニア大学)
タイトル: 幸福な社会とは

詳細は[こちら]。参加に際し、文学部・総合心理科学科、文学研究科・総合心理科学専攻の人は事前連絡の必要ありません。それ以外の方は、上記[こちら]を参照。
[PR]
by cs-us | 2012-10-01 17:38 | 特別事業
下記のように大学院生による自主企画のワークショップが開催されます。無料、事前申し込み不要、途中入退場可でだれでも参加できます。

日時:2012年9月29日(土) 13:30~15:00ごろ
場所:F号館地下ホール
タイトル:国際化社会に貢献する心理科学実践家へのファースト・ステップ
      ―これから国際学会で発表する大学院生のために―
《概要》
 関西学院大学には「世界市民の育成」という伝統と使命があります。社会のグローバル化が唱えられて久しい現在,大学院生にも国際的な研究・実践活動というハイレベルな能力が求められています。
 学問の国際的舞台は,その歴史と中枢を担うヨーロッパやアメリカだけではありません。真の意味での国際化は,まず私たちの隣国との関係から始まるといえるでしょう。アジアを拠点とする国際学会は日本人にとってそれほど敷居の高いものではなく,大学院生が海外での研究発表を初めて経験する場として取り組みやすいものです。また日本人心理学者がアジア圏の諸外国において組織的な研究・調査活動に従事したり,アカデミック・ポストに就職したりする可能性は今後ますます広がっていくと考えられます。
 本ワークショップでは,韓国における国際学会への参加・発表の経験,共同調査を実施した経験,について話題を提供いたします。そして学会・研究・就職・留学など様々な形で,アジア圏において日本人心理学者が活躍できる余地と可能性について討論を行います。
《話題提供》
箕浦有希久 (関西学院大学大学院 成田ゼミD2)
  After-the-fact Report: 第4回アジア犯罪学学会・2012年度韓国心理学会
木戸盛年 (神戸学院大学 実習助手)
  日本で研究することとアジアの日本で研究すること
《指定討論》
一言英文 (佐藤学園 講師)
[PR]
by cs-us | 2012-09-21 00:29 | 特別事業
第12回CAPS(応用心理科学研究センター)インタラクション研究会が下記のように開催されます。

日時:7月30日(月) 13:30 – 15:30(終了時間は目安です)
場所:F号館401教室
ゲスト: 渡邊伸行 先生(金沢工業大学)
タイトル: 顔・表情の物理的属性と心理的評価の関係

詳細は[こちら]。参加に際し、文学部・総合心理科学科、文学研究科・総合心理科学専攻の人は事前連絡の必要ありません。それ以外の方は、上記[こちら]を参照。
[PR]
by cs-us | 2012-07-18 09:40 | 特別事業

統計ソフトR講習会

 下記のように応用心理科学研究センター(CAPS)で、統計ソフトRの講習会が開催されます。心理学とその関連領域の研究者・学生(学部生を含む)。定員に余裕があれば学外者も可。詳しくは「こちら」。

◎第1回 2012年4月21日(土)13:00~17:30頃
 Rの基本的操作の解説・実習(2時間~2時間半)
 参加者持参データによる分析トライアル(30分)
 ケーススタディ:Rを使った多変量解析(30~45分)
 質疑応答
◎第2回 2012年6月中~下旬を予定(後日調整)
 Rを利用した分析ケース報告と合評会
[PR]
by cs-us | 2012-04-05 21:46 | 特別事業

心理科学の射程

c0032903_15582614.jpg
 昨年度および本年度に課程博士号を授与された4名(寺尾将彦さん・田中善大さん・安田傑さん・上野永子さん)が博士論文のテーマを一般向けにわかりやすく書き下ろした『心理科学の射程』(関西学院大学出版会、税込840円)が、「組織的な大学院教育改革推進プログラム」の一環として刊行になりました。目次は[こちら]を参照して下さい。
 大学院生・研究員の希望者には無料で配布します。総合心理科学科の学部3~4年生については、希望者のみ配布します(4月のオリエンテーションないしは初回のゼミで配布方法を説明します)。
[PR]
by cs-us | 2012-03-23 15:58 | 特別事業
大学院GP企画の一環として下記の講演会とシンポジウムを行います。対象は、総合心理科学科の院生・研究員・教員ですが、一般研究者や学部生も聴講可能です。

<講演会>
日時:2012年3月16日(金)15:00-17:00
場所:F号館104号教室
講師と演題:
講演者:
1) Dr. Mega Dhestiana (Psychiatry Department, Sardjito Hospital
 Faculty of Medicine, Gadjah Mada University, Yogyakarta, Indonesia)
"Intoroduction of Sardjito Hospital and Gadjah Mada University"
2) Dr. Carla Raymondalexas Marchira (Psychiatry Department, Sardjito Hospital
 Faculty of Medicine, Gadjah Mada University, Yogyakarta, Indonesia)
"Integration of Mental Health into Primary Health Care in Indonesia:
A review of The Current Challenges"

<シンポジウム>
時:2012年3月17日(土)10:00-12:00
場所:F号館104号教室
テーマ:Mental Health in Asian countries
発表者と演題:
Emi Tsujimoto: Introduction of Kwansei Gakuin University
Mega Dhestiana: Introduction of Sardjito Hospital and Gadjah Mada University
Reiko Taketani : Mental health in Japan
Carla Raymondalexas Marchira:Mental health in Indonesia
Woraphat Ratta-apha: Mental health in Thailand
Irwan Supriyanto: Impression of Japan as a biological researcher from Indonesia

企画趣旨:Gadjah Mada Universityはインドネシアを代表する大学であり、その精神医学講座はインドネシアの精神医学、精神医療ならびに精神保健全般におけるオピニオンリーダである。2004年に発生したスマトラ沖地震の際には、Gadjah Mada University精神医学講座と神戸大学医学部精神神経学講座の両講座が協力し、被災地のメンタルヘルスに貢献した経験もあるなど、国際協力に尽力している大学である。今回はプライマリーケアにおけるメンタルヘルスの取り組みについて、インドネシアと日本の現状を比較し考察するための講演会やシンポジウムを開催する。また、現在のメンタルヘルスのなかで心理関係の専門家がどのような立場でどのように活躍しているかを、実際の経験から意見交換を行う。
[PR]
by cs-us | 2012-03-06 21:16 | 特別事業
私立大学戦略的研究基盤形成事業「「心理科学を基盤とするインタラクション評価システムの開発と応用」」の報告会を下記のように開催します。誰でも聴講できます。

日時:2012年3月12日(月) 15:10~18:00
場所:F号館104号教室

1) 概要説明
2) RAの成果報告
3) プロジェクト成果報告
 木村 健太「多数決に基づく集団の意思決定に伴う結果の評価メカニズムの検討」
 村山 綾「専門家-非専門家による評議コミュニケーション」
 佐藤 暢哉「視覚・触覚が不一致な状況下での到達把持運動」
[PR]
by cs-us | 2012-02-29 01:36 | 特別事業