心理科学研究室の各種通知です。文学部からの通知は学部掲示板を見て下さい。(管理担当者:中島定彦)


by cs-us
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

西宮市大学共通単位講座

西宮市大学共通単位講座の2005年度時間割とシラバスが発表されています。全学開講科目の自由履修として卒業に必要な単位に算入可能です。西宮市大学交流センター(西宮北口、アクタ西宮東館6階)で開講されるので、阪急西宮北口駅を利用している人は特に履修しやすいかと思います。また、履修登録単位の上限を超えて履修登録可能です。
<前期(春学期)> 時間割 シラバス
<後期(秋学期)> 時間割 シラバス
問合せ:教務課(申込日時などは「2005年度文学部履修心得」を参照)
[PR]
by cs-us | 2005-03-31 14:05

被験者募集

 独立行政法人 情報通信研究機構 基礎先端部門 関西先端研究センター 脳情報グループの早川友恵先生から下記の要領で案内のありました被験者募集は予定人数を満たしましたので、4月8日に受付を締切りました。今後また募集があるかもしれませんので、関心のある人は、随時この「心理学研究室ニュース」をチェックして下さい。

1)行動実験(3名程度)
反応時間計測:1時間程度
謝金:4千円程度
希望により施設見学もできます。

2)脳磁界計測および脳構造画像撮像(2名程度)
脳磁界計測:3時間程度(2課題)
脳構造画像の撮像:1時間程度(実撮像時間20分)
謝金:8千円程度
[PR]
by cs-us | 2005-03-31 13:28 | 求人情報など

心理療法士求人

奈良県にある松籟荘病院(独立行政法人国立病院機構)で心理療法士の求人があります。

募集人員:1名
応募資格:「心理療法系の4年制大学卒業(見込)以上の学歴を有する者」または「臨床心理士の資格取得者」
募集期間:随時受付
身分:国家公務員

くわしくはこちら
[PR]
by cs-us | 2005-03-31 10:48 | 求人情報など
国立身体障害者リハビリテーションセンターが2件の求人をしています。

1.心理判定員 1名
応募資格:次のいずれにも該当する者
(1)社会福祉士の資格を有する者または社会福祉士の受験資格を有する者
(2)大学において、心理学を専修する学科を修めて卒業した者またはこれに準ずる知識及び経験を有する者
採用予定時期:平成17年5月1日
申込締切:平成17年4月11日(月)必着
※くわしくはこちら

2.心理療法士 1名
応募資格:大学卒業以上で、心理学を専修する学科を修めて卒業した者。臨床心理業務の経験を有する者が望ましい。
採用予定時期:平成17年6月1日
申込締切:平成17年4月22日(金)必着
※くわしくはこちら
[PR]
by cs-us | 2005-03-30 15:11 | 求人情報など
3月末に神戸で開催される日本発達心理学会第16回大会において、標題のようなシンポジウムが、日本動物行動学会、日本動物心理学会、日本霊長類学会、人間行動進化学研究会の後援で開催されます。無料で一般公開されますので、学部学生も聴講できます。なお、大会そのものは2月7日付の心理学研究室ニュースでお知らせしています。

テーマ:『ヒトはなぜ賢くなったか?─知性の起源とマキャベリ的知性仮説』
日時:2005年3月28日(月)12:30-15:00
場所:神戸国際会議場
参加費:無料(大会の他のプログラムへの参加には費用が必要です)
話題提供:山越 言(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
        「社会的知性仮説は大型類人猿-ヒト的な知性の進化を説明できるか」
       平田 聡(林原類人猿研究センター)
        「チンパンジーのマキャベリ的知性」
       小田 亮(名古屋工業大学大学院工学研究科)
        「ヒトにおける社会的知性の構造と適応」
       國吉 康夫(東京大学大学院情報理工学系研究科)
        「身体性に基づく認知の創発と発達のロボット的シナリオ」
指定討論:千住 淳(東京大学大学院総合文化研究科)
       藤田和生(京都大学大学院文学研究科)
       麻生武(奈良女子大学大学院人間文化研究科)
企画: 友永 雅己(京都大学霊長類研究所)、明和 政子(滋賀県立大学人間文化学部)
     小椋 たみ子(神戸大学大学院文学研究科)
※企画趣旨は日本動物心理学会ホームページ内の「お知らせ」を参照してください。
[PR]
by cs-us | 2005-03-05 02:27 | 学外(関西圏)の講演会など
標記セミナーが下記のように開催されます。誰でも無料で参加できます(英語、通訳なし)。くわしくはこちらを参照。

日時:2005年3月30日(水) 15:30-17:30
題目:SPATIAL CONSTRUCTION BY CHIMPANZEES
   (チンパンジーにおける空間的構築)
講演者:Patrizia Poti博士
     (Institute for Cognitive Sciences and Technologies, Italy)
場所:京都大学文学部新館2階 第6講義室
[PR]
by cs-us | 2005-03-05 00:58 | 学外(関西圏)の講演会など
応用動物行動学会と日本動物心理学会が以下のシンポジウムを共催します。シンポジウムの趣旨は日本動物心理学会のホームページで読むことができます。
テーマ:『動物の条件づけ学習と野生動物の被害管理』
日時:2005年3月26日(土):13:00-17:30
場所:関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)
講演者:

磯博行(兵庫医科大学)
 「負の強化・罰による行動制御-実験室の例から-」
吉野俊彦(太成学院大学)
 「罰手続きの相反する二つの効果-理論的分析から-」
江口祐輔(麻布大学)
 「イノシシの行動制御は可能か?」
岡野美佐夫(野生動物保護管理事務所)
 「ニホンザルの生態と被害管理」
井上雅央(奈良県農業技術センター)
 「農生産システム管理上の支障要因として見た獣害」
指定討論予定者:
室山泰之(京都大学霊長類研究所)、中島定彦(関西学院大学)
企画・運営・司会:
安江 健(茨城大学)、上野吉一(京都大学霊長類研究所)、友永雅己(京都大学霊長類研究所)
参加費:500円(資料代として)、定員96名。
※だれでも参加できますが、参加希望者は3月19日(土)までに中島へ、名前と連絡先を知らせてください。
[PR]
by cs-us | 2005-03-04 13:57 | 学外(関西圏)の講演会など
京都大学霊長類研究所・HOPE(人間の進化の霊長類的起源)プロジェクトのワークショップが下記のように開催されます。学部学生も聴講できますが、講演は英語で行われ、おそらく通訳はありません。詳細はHOPEプロジェクトのホームページを参照して下さい。

テーマ:比較認知科学:鳥類と霊長類における最近のトピックス
日時:2005年3月22日(火) 9時30分~16時30分
場所:京都大学百周年記念時計台ホール (図中2番交通アクセス(バス正門前下車) 2階・第4会議室
外国人招待講演者:
ジャッキー・チャペル(英国、バーミンガム大学生物科学部)
 「これで何ができるか?」:物と環境が与えられたときに何ができるかをいかにして動物は学ぶのか
アレックス・ワイヤー(英国、オックスフォード大学動物学部・行動生態学研究グループ)
 ニューカレドニア・クロウの道具の変形:かれらの認知能力についてこの事実から何が言えるか
ドラ・ビロ(英国、オックスフォード大学動物学部・動物行動研究グループ)
 鳥類をGPSで追跡する:地上ならびに海上におけるナビゲーションについて
企画・司会:友永雅己・藤田和生・松沢哲郎(京都大学)
参加費:無料
[PR]
by cs-us | 2005-03-03 17:35 | 学外(関西圏)の講演会など

正義は教えられるか

関西学院大学ロースクール主催のシンポジウムが下記のように開催されます(日英同時通訳)。初日の冒頭に基調報告を行うWilliam Damon博士は道徳性の研究で著名な教育心理学者で、著書に 『社会性と人格の発達心理学』(1990, 山本多喜司 編訳, 北大路書房)などがあります。今回は、ロースクール教育に関連して、「若者の倫理観の成長に関する研究成果」を発表されます。

テーマ:正義は教えられるか~法律家の社会的責任とロースクール教育~
期日:2005年3月19日(土)~20日(日)
場所:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)12F 特別会議場
参加方法:参加は無料です。誰でも参加できますが事前に申し込みをして下さい。
講師:William Damon:米スタンフォード大学教授、米フーヴァー研究所特別研究員、米スタンフォード青少年センター所長。 本林 徹:前日本弁護士連合会会長(2002年~2004年)、森・濱田松本法律事務所パートナー。 Anne Colby:米カーネギー教育振興財団シニアスカラー、専門職訓練プログラム共同責任者。 Peggy Cooper Davis:米ニューヨーク大学ロースクール教授(ローヤリング/法曹倫理)、ローヤリング・プログラム責任者。 Kim Economides:英エクセター大学教授(法曹倫理)。 石部 雅亮:大阪市立大学名誉教授、大阪国際大学教授、桐蔭学園横浜大学大学院法学研究科客員教授。
   ※申し込み先およびシンポジウムの詳細はこちら
[PR]
by cs-us | 2005-03-03 11:56 | 学外(関西圏)の講演会など
学術フロンティアプロジェクト「先端技術による応用心理科学研究」関西学院大学応用心理科学研究センターの主催するパネルディスカッションを以下のように開催します。

テーマ:『応用心理科学の社会への貢献』
日時:2005年3月19日(土) 13:00~15:00 
    ※ディスカッション終了後、懇談会を行います。
場所:関西学院大学文学部新館3階大会議室
プログラム:
  1.プロジェクトの概要について
    八木昭宏(プロジェクト代表 文学部総合心理科学科教授)
  2.ディスカッション  
    平尾直靖((株)資生堂)    磯 博行(兵庫医科大学)
    北口勝也(武庫川女子大学)  水谷充良(兵庫県警察本部)
    田中共子(岡山大学)    
    プロジェクト学内研究者
    司会:嶋崎恒雄(文学部総合心理科学科教授)
*ディスカッション終了後、F号館心理学研究室地下1階ホールにて懇親会を行います。
参加費:無料
参加申込先:下記のアドレスにお名前とご所属をお知らせ下さい。
           e-mail: KG-frontier@hotmail.co.jp
問合先:〒662-8501 西宮市上ケ原一番町1-155 関西学院大学心理学研究室
             TEL:(0798) 54-6209 FAX:(0798)52-7353
      アクセスマップ   キャンパスマップ(12番) 
[PR]
by cs-us | 2005-03-01 17:37 | 学内の講演会など