心理科学研究室の各種通知です。文学部からの通知は学部掲示板を見て下さい。(管理担当者:中島定彦)


by cs-us
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

標記大会を2006年に関西学院大学で開催することになりました。詳細はおってお知らせします。

会期:2006年9月1日(金)~3日(日)(予定)
場所:関西学院大学上ヶ原キャンパスB号館(予定)
大会委員長:嶋﨑恒雄、大会事務局長:中島定彦
[PR]
by cs-us | 2005-07-30 17:28 | 学科・専修からのお知らせ
下記講演会が、日本動物心理学会と大阪教育大学学校教育講座・日本教育心理学会第45回大会準備委員会の主催、関西心理学会共催で開催されます。詳しくはこちら

演題:"Giving Meaning to Behavioral History"
講演者:Prof. Kennon A. Lattal (West Virginia University)
日時:2005年8月5日(金)午後3時より
場所:大阪府柏原市・大阪教育大学柏原キャンパス共通講義棟A-307
最寄り駅:近鉄大阪線大阪教育大前駅
[PR]
by cs-us | 2005-07-29 12:42 | 学外(関西圏)の講演会など
第6回対人社会心理学フォーラムが下記のように開催されます。入場無料(だれでも参加できます)

 テーマ:「異文化間コミュニケーション能力」について考える
 講師:守崎誠一氏(神戸市外国語大学・助教授)
 日時:7月23日(土) 15:00-17:00
 場所:大阪大学人間科学部 33番教室(本館3階)
 (吹田市山田丘1-2 モノレール阪大病院前、阪急バス、近鉄バス阪大医学部前下車すぐ)
[PR]
by cs-us | 2005-07-22 12:15 | 学外(関西圏)の講演会など
下記のように、講演会を開催します。学部学生や一般の方も参加できます。
参加費は無料、申し込みは不要です。

演題:Behavioral Assessment and Case Formulation
    (行動アセスメントとケースの組み立て方)
講師:Stephen N. Haynes, Ph.D.
    ハワイ大学心理学部教授・心理学部長
司会・通訳:松見淳子
        関西学院大学文学部総合心理科学科教授
日時:2005年7月19日(火) 10:30~12:00
会場:関西学院大学上ケ原キャンパス 図書館ホール

内容:エビデンス・ベースの臨床心理学の基盤となるアセスメント研究で世界的に著名なヘインズ教授に行動的ケースフォーミュレーションについてお話していただきます。教授はアメリカ心理学会の専門誌「Psychological Assessment」の編集長を長年務められ、臨床心理アセスメント研究全体の水準を高めることに大きく貢献されました。特に行動の機能的アセスメントの体系化において多大の影響を残されています。「Principles and Practice of behavioral Assessment: A Functional Approach to Psychological Assessment」(2000), [Comprehensive Handbook on Psychological Assessment Vol. 3 Behavioral Assessment](2003) をはじめ25年余にわたり多数の著作と論文発表があります。
[PR]
by cs-us | 2005-07-12 13:35 | 学内の講演会など
1.7月は通常通りです。ただし、7月30日はオープンキャンパスのため、F号館地下は高校生・受験生であふれますので、実験や作業は原則としてできません。

2.8~9月の平日の使用時間帯は下記の通りです。
 F号館:9時30分~17時30分  ハミル館:9時~16時

3.下記の日は閉館します。
 8月中の土・日曜日、8月13~21日(盛夏休暇)
 9月中の日曜日、9月10日(一斉土曜休暇)、9月28日(創立記念日)

4.下記の日は、F号館1階と地下の床のワックスがけ作業が午前中に行われますので、午前中は入館できません。
 8月22日(月)、23日(火)

 卒論の実験や作業は上記の閉館日を避け、開館日の使用時間帯に行うよう計画を立てて下さい。どうしても閉館日や使用時間帯以外に入室したい場合は、指導教員と相談して下さい。なお、大学院生・研究員については、別途お知らせしている通りです。
[PR]
by cs-us | 2005-07-07 18:56 | 学科・専修からのお知らせ