心理科学研究室の各種通知です。文学部からの通知は学部掲示板を見て下さい。(管理担当者:中島定彦)


by cs-us
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 夏期休暇(8月1日~9月24日)中の研究室使用は下記の通りとします。時間外および使用不可日には、学部生は入館できません。やむを得ない事情で使用する場合は必ずゼミ担当教員の許可を取ってください。夏季休暇中の研究室使用についてはF号館地下およびハミル館玄関の掲示板も参照してください。大学院生はメーリングリストの情報も参照のこと。

F号館使用可能時間:9:30~17:30、ただし下記を除く
ハミル館使用可能時間:9:00~16:00、ただし下記を除く

使用不可日:8月1日~9月8日の土曜日、8月1日~9月24日の日曜日・祝日、8月13日~8月21日(盛夏休暇※)、9月28日(創立記念日)

※盛夏休暇中には停電や断水・停ガスが予定されています。停電は8月16日、断水は8月16日~17日、停ガスは8月9日です。停電・断水中は、大学院生もできるだけ入室を控えて下さい。

なお、8月4日はオープンキャンパスのため、F号館地下ホールおよびその周辺は高校生・受験生であふれますので、その周囲での実験や作業は原則としてできません。
[PR]
by cs-us | 2007-07-18 15:05 | 学科・専修からのお知らせ
 客員教授の西里静彦先生(トロント大学名誉教授)が執筆された『データ解析への洞察―数量化の存在理由』がK.G.りぶれっととして出版されました。
 学部心理学専修および大学院心理学領域に所属する希望者にのみ無料で配布します。希望者は、F号館地下の掲示板に用意してある申し込み用紙に必要事項を記入の上、F号館研究室事務室まで受け取りに来て下さい。1人1冊です。

配布対象:学部心理学専修所属の3~4年生・大学院心理学領域に所属の院生・研究員
配布期間:7/9(月)~7/27(金) 9:00-17:00

※なお、同じくK.G.りぶれっととして刊行されている『心理科学研究のフロンティア』『臨床心理科学研究のフロンティア』についても、上記条件に当てはまる希望者へ無料配布します(既に受け取っている人を除く)。こちらについては、追ってお知らせします。
[PR]
by cs-us | 2007-07-04 19:45 | 学科・専修からのお知らせ
「学術フロンティアプロジェクト」および「魅力ある大学院教育イニシアティブプログラム」の一環として、下記のように学術講演会を開催します。参加費は無料、事前申し込みは不要です。学部学生、一般の方も聴講できます。くわしくはイニシアティブのページを参照して下さい。

タイトル:Identifying Research Informed Principles of Practice
      心理臨床における研究と実践の歩み寄り
日時:7月24日(火) 10:30~12:00
場所:関西学院大学上ケ原キャンパス 図書館ホール
講師:Larry E. Beutler
(Director of the National Center on the Psychology of Terrorism、Pacific Graduate School of Psychology教授、カリフォルニア大学名誉教授)
司会:松見淳子(関西学院大学文学部総合心理科学科 教授)
通訳:金原さと子(Pacific Graduate School of Psychology)
    大対香奈子(関西学院大学大学院文学研究科博士研究員)
[PR]
by cs-us | 2007-07-04 15:36 | 学内の講演会など
標題の研究会が下記のように開催されます。詳しくは「こちら」。

日 時:2007年 7月14日(土) 14:00開始
場 所:大阪大学大学院人間科学研究科 本館3階33教室(予定) 
発表者:小川 一美氏(愛知淑徳大学コミュニケーション学部准教授)
演 題:会話スキルトレーニング開発のための探索的研究-客体的自覚状態が会話スキルに及ぼす影響-
[PR]
by cs-us | 2007-07-02 16:51 | 学外(関西圏)の講演会など