心理科学研究室の各種通知です。文学部からの通知は学部掲示板を見て下さい。(管理担当者:中島定彦)


by cs-us
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

被験者募集掲示板

 心理学専修では、ヒトを対象とした実験を学内で行う際には、原則として実験参加証システムに従うことになっています(教育心理学専修の学生・院生・研究員もこのシステムに加わることが可能です)。実験参加証は指定された授業のポイントになります。被験者募集の案内はF号館地下ホール、ハミル館入口、教育心理学研究室の掲示板に貼ってありますが、インターネットでも見ることができます。
 このたびインターネットの被験者募集掲示板システムを更新しました。新しい掲示板は総合心理科学科ホームページから入室可能です。なお、入室には、ユーザー名とパスワードが必要です(学部学生諸君には授業でそれらを知らせます)。
[PR]
by cs-us | 2008-10-28 22:45 | 学科・専修からのお知らせ
ゼミ分属のための教員と2年生の面談が下記のように予定されています。

日程:11月7日(金)~20日(木)
時間:1時限目から5時限目までのうちいくつか
    ※スケジュール表は、各ホールに掲示しています。
場所:F号館地下ホール、ハミル館ホール

ゼミ面談の時間帯はホールを使用できませんので、卒論実験、ゼミ別実験、ミーティングなどでホールの使用を考えている人は、スケジュール表を必ず見てください。
[PR]
by cs-us | 2008-10-24 20:21 | 学科・専修からのお知らせ
大学祭期間中の心理学研究室の開室時間は以下の通りです。

<F号館(1階図書室含む)・ハミル館・フロンティア共通>

10/30(木)8:50~18:20 ※1
10/31(金)8:50~18:20 ※2
11/01(土)8:50~12:20 ※2
11/02(日)閉館・・・日曜につき学部生は入館できません(※3)
11/03(月)閉館・・・祝日につき学部生は入館できません(※3)
11/04(火)8:50~18:20 通常通り

※1 F号館の心理学研究室側の1階扉は17:00以降施錠されます。
   学部生は地下から院生に開けてもらって入館してください。
※2 F号館の心理学研究室側の1階扉は全日施錠されます。
   学部生は地下から院生に開けてもらって入館してください。
※3 卒論のための研究で入館が必要な場合は、所定の手続きを踏むこと。

フロンティアの学部生使用には院生の付き添いが必要です。
院生の付き添いがあっても、時間外の使用はできません(必要な場合は、所定の手続きを踏むこと)。
[PR]
by cs-us | 2008-10-17 19:51 | 学科・専修からのお知らせ

関西心理学会大会

 関西心理学会の第120回大会が下記のように開催されるようです。基礎研究から心理臨床まで広い範囲にわたる分野の発表が行われます。詳しくは「こちら」。

日時:2008年11月9日(日)
会場:奈良女子大学 (文学部南棟・北棟)
     近鉄奈良駅から徒歩10分 JR奈良駅から徒歩25分
当日参加費:3,500円(学生は2,000円)
懇親会費:3,500円
[PR]
by cs-us | 2008-10-07 11:42 | 学外(関西圏)の講演会など

動物行動工学を知る

 大学院心理学領域イニシアティブプログラムの一環として、「動物行動工学」に関するビデオ上映会を下記のように開きます。著作権の関係で一般の方の参加は不可ですが、総合心理科学科の教員・研究員・大学院生、学部学生は無料で参加可能ですので、授業と重なっていなければ出席して下さい。

日時:2008年10月15日(水) 15:10-16:50(4時限目)
場所:図書館ホール
解説:中島定彦(関西学院大学准教授)
概要:オペラント条件づけを中心とした行動工学の技術(応用行動分析)は、障害児・者の学習・自立支援、企業の業務能率改善、スポーツの成績向上などさまざまな場面で活かされていますが、犬のしつけやイルカショーなど動物の訓練にも大いに貢献しています。そうした動物行動工学(応用動物心理学)の先駆けは、B.F.スキナーによる「ハト・ミサイル計画」(第2次大戦中に、米軍の要請で開始されたハトによるミサイル誘導訓練)ですが、その当時スキナーに協力した学生がブレランド夫妻です。ブレランド夫妻はその後、動物訓練の会社(動物行動興業社, Animal Behavior Enterprises)を起業し、動物ショーを世界各地で開催。訓練された動物を映画やテレビCM、お祭りなどで披露しました。夫の死後、ブレランド夫人はイルカ研究者であったR. ベイリーと再婚し、さらに会社を発展させました。彼らが訓練した動物のパフォーマンスを動画(日本語字幕つき)で鑑賞します。
[PR]
by cs-us | 2008-10-06 20:38 | 学内の講演会など

若き動物心理学徒に語る

 日本動物心理学会の例会が標題のテーマで下記のように開催されます。参加費無料、事前申し込み不要で誰でも参加できます。くわしくは「こちら」。

日時:2008年11月22日(土) 14:00-18:00
場所:立命館大学大阪オフィス 6階 6Aセミナールーム
    大阪市中央区北浜3-1-18 島ビル6F
    京阪本線・淀屋橋駅、地下鉄(御堂筋線)・淀屋橋駅
    京阪14-B出口 エスカレーター上すぐ

講演1:14:00-15:20(質疑応答20分を含む)
 南徹弘(大阪成蹊短期大学教授、大阪大学名誉教授)
  「ネズミ・サル・ヒトの比較心理学研究40年」
講演2:15:30-16:50(質疑応答20分を含む)
  井深信男(聖泉大学学長、滋賀大学名誉教授)
  「私の生体リズム研究-実験動物に支えられて-」
懇談・意見交換:17:00-17:30
企画・司会:中島定彦(関西学院大学)
コメンテーター:藤田和生(京都大学)
[PR]
by cs-us | 2008-10-02 16:43 | 学外(関西圏)の講演会など