心理科学研究室の各種通知です。文学部からの通知は学部掲示板を見て下さい。(管理担当者:中島定彦)


by cs-us
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

組織的な大学院教育改革推進プログラムの一環として、下記のように講演会を行います。対象は総合心理科学専攻の大学院生と同大学院へ進学希望の学部学生です。

日時:5/24(月) 11:10-12:40(2時限目)
場所:F号館303教室
講演者:獅々見元太郎さん ハワイ大学(マノア校)大学院博士課程学生
タイトル:アメリカの大学院で心理学を学ぶ
内容:
 関西学院大学文学部心理学科を卒業し、同大学院博士課程前期課程を修了した後、現在、ハワイ大学大学院の正規学生として心理学を学んでいる獅々見元太郎さん(研究テーマはミツバチの学習と記憶)が一時帰国します。
 大学院GP「国際化社会に貢献する心理科学実践家の養成」では、大学院生諸君の海外飛躍レディネスを高めるため、獅々見さんに、(1)留学までの経緯、(2)留学してからの体験(大学紹介、授業、研究、日常生活)について語ってもらうことにしました。
  海外での大学院教育についての知識は、例えば、海外の研究者と親しく交流するためにも必要ですから、留学にあまり関心がない人もぜひ参加して下さい。
[PR]
by cs-us | 2010-04-29 14:09 | 特別事業
 組織的な大学院教育改革推進プログラム「国際化社会に貢献する心理科学実践家の養成」主催で、評題の国際シンポジウムを開催します。 参加は無料、事前申し込みも不要で、誰でも参加できます。

日時:5月18日(火) 13:00-15:30
場所:関学会館 翼の間
内容:カナダ、イギリス、スペイン、オーストラリアの各国を代表する著名な学習心理学者を講師としてお招きし、ヒトの学習に関する心理学研究の最先端についてお話いただきます。
司会:嶋崎恒雄(関西学院大学文学部総合心理科学科教授)

講演は英語ですが、日本語に訳した発表スライドも同時呈示する予定です。
1.A. G. Baker(カナダ・マギル大学准教授)
 "Associative explanations of causal and contingency learning"
 「因果・随伴性学習の連合論的説明」
2.R. A. Murphy(イギリス・オックスフォード大学専任講師)
 "Evidence for an associative account of stereotypes: A neurocomputational approach"
「ステレオタイプの連合論的説明の証拠―神経計算論的アプローチ―」
3.J. M. Rosas(スペイン・ハエン大学教授)
 "An attentional explanation of context-switch effects in human predictive learning"
「ヒトの予測学習における文脈変化効果の注意による説明」
4.R. A. Boakes(オーストラリア・シドニー大学名誉教授)
 '"Temporal contiguity and interference in human learning'"
「ヒトの学習における時間的接近と干渉」
[PR]
by cs-us | 2010-04-29 14:05 | 特別事業
 文部科学省の平成22年度「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に応用心理科学研究センターのプロジェクト「心理科学を基盤とするインタラクション評価システムの開発と応用」が採択されました。研究期間は2010〜2014年度の5年間です。

[PR]
by cs-us | 2010-04-20 18:36 | 特別事業
 3月上旬に行われた「サバンナアフリカオニネズミによる地雷探知訓練の巡検研修」の報告会を以下のように開催します。参加無料、事前登録不要で誰でも聴講できます。

日時:4月22日(木) 16:50-18:20
場所:F号館103教室
内容:
a) 応用動物心理学の研究史に関するミニ講義
b) タンザニアで行われているネズミによる地雷探知訓練の紹介
c) タンザニア研修旅行体験報告
[PR]
by cs-us | 2010-04-17 17:53 | 特別事業

心理科学の最前線

c0032903_18173541.jpg関西学院大学から博士(心理学)または博士(教育心理学)を最近取得した6名の若手研究者が、研究内容を一般にも分かりやすく解説した『心理科学の最前線』(平野哲司・土江伸誉・今西明・一言英文・石ギョウ玲・中見仁美著、関西学院大学出版会、945円)が、「組織的な大学院教育改革推進プログラム」の一環として刊行されました。総合心理科学科の学部3~4年生は、所定の手続きで申し込めば無料配布します(無料配布部数には限りがあるので、希望者全員に配布できるかどうかは未定です)。
[PR]
by cs-us | 2010-04-09 18:00 | 学科・専修からのお知らせ

自己制御の脳科学

標題のシンポジウムが大阪大学グローバルCOEプログラム「認知脳理解に基づく未来工学創成」の主催で下記のように開催されるようです。関西学院大学心理学研究室の佐藤暢哉准教授の発表もあります。聴講無料ですが、事前登録が必要です。詳しくは「こちら」。

日時:2010年5月29日 (土) 13:00~16:40
場所:大阪大学大学院人間科学研究科 東館ユメンヌホール(2階)
[PR]
by cs-us | 2010-04-05 20:44 | 学外(関西圏)の講演会など