心理科学研究室の各種通知です。文学部からの通知は学部掲示板を見て下さい。(管理担当者:中島定彦)


by cs-us
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

下記のように大学院生による自主企画のワークショップが開催されます。無料、事前申し込み不要、途中入退場可でだれでも参加できます。

日時:2012年9月29日(土) 13:30~15:00ごろ
場所:F号館地下ホール
タイトル:国際化社会に貢献する心理科学実践家へのファースト・ステップ
      ―これから国際学会で発表する大学院生のために―
《概要》
 関西学院大学には「世界市民の育成」という伝統と使命があります。社会のグローバル化が唱えられて久しい現在,大学院生にも国際的な研究・実践活動というハイレベルな能力が求められています。
 学問の国際的舞台は,その歴史と中枢を担うヨーロッパやアメリカだけではありません。真の意味での国際化は,まず私たちの隣国との関係から始まるといえるでしょう。アジアを拠点とする国際学会は日本人にとってそれほど敷居の高いものではなく,大学院生が海外での研究発表を初めて経験する場として取り組みやすいものです。また日本人心理学者がアジア圏の諸外国において組織的な研究・調査活動に従事したり,アカデミック・ポストに就職したりする可能性は今後ますます広がっていくと考えられます。
 本ワークショップでは,韓国における国際学会への参加・発表の経験,共同調査を実施した経験,について話題を提供いたします。そして学会・研究・就職・留学など様々な形で,アジア圏において日本人心理学者が活躍できる余地と可能性について討論を行います。
《話題提供》
箕浦有希久 (関西学院大学大学院 成田ゼミD2)
  After-the-fact Report: 第4回アジア犯罪学学会・2012年度韓国心理学会
木戸盛年 (神戸学院大学 実習助手)
  日本で研究することとアジアの日本で研究すること
《指定討論》
一言英文 (佐藤学園 講師)
[PR]
by cs-us | 2012-09-21 00:29 | 特別事業
c0032903_20165696.jpg
『関西学院大学心理学研究室80年史(1923〜2003)─今田恵の定礎に立って─』が関西学院大学出版会から刊行されました(2012年9月刊、税込4200円)。目次などくわしくは[こちら]を参照してください。
[PR]
by cs-us | 2012-09-17 20:17 | 学科・専修からのお知らせ
第394回関西社会心理学研究会(KSP)が下記のように関学キャンパスで開催されます。事前申し込み、参加費不要で、だれでも参加できます。なお、研究会後の懇親会(有料)にも参加希望の人は事前申し込みが必要です。くわしくは[こちら]。

日時:2012年10月13日(土) 14:30~17:00
場所:F号館 2階 201号教室
発表題目:専門家-非専門家による評議コミュニケーションについて
発表者:村山綾(関西学院大学大学院文学研究科・応用心理科学研究センター)
発表概要:2009年5月21日に施行された裁判員制度による裁判では、一般市民(非専門家)が裁判官(専門家)とともに評議を行い、有罪・無罪判断および量刑の判断を行います。施行から3年が経過し、制度の見直しも行われていますが、評議内容の公開の禁止、裁判員の守秘義務などから具体的な問題点の把握が困難であるために、実証的検討の進展は遅れていると言わざるを得ません。今回の発表では、前年度に行った専門家-非専門家による評議コミュニケーション実験で得られた結果の報告を通して、社会心理学的な観点から裁判員制度のような評議に対してどういった提言を行っていけるのかについて、皆様とともに議論させていただきたいと思っています。また、裁判員裁判の評議のみならず、専門家と非専門家の円滑な情報交換を促進する要因等についても議論させていただけますと幸いです。
[PR]
by cs-us | 2012-09-12 10:28 | 学外(関西圏)の講演会など